「私は痴漢などしていない!!!」
と証明するのは、本当に難しいようです。

「していない」ことを証明するには、「していない」ということを前提に準備するしかないのでしょうね。

この「痴冤証明」(仮称)というサービスは冤罪を防ぐ救世主になるのでしょうか。

この記事に書かれているように、テレワークの導入の理由が「痴漢冤罪を誘発する満員電車を避けるため」となることもあるかもしれません。

「私は、やってない!」、スマホで痴漢冤罪(ちえん)証明がサービス化?

 

Follow me!